おすすめのブギウギブルースピアノ教則本・楽譜

おすすめの教則本は、Hal Leonardのブギウギピアノとブルースピアノです。どちらも海外でも評価が高い本です。ブルースやブギウギの基礎を、体系的にわかりやすく説明しています。入門書的ですが、パターンが幅広く網羅されているので参考書として手元に置いておくのもありです。ブギウギピアノについては、日本語版はまだ出版されていないようです。

どちらもCD付です。模範演奏が収録されています。


1冊買うなら、ブルースピアノ本がおすすめです。この本は、ブギウギもカバーしており、形式とコード進行についての説明や、イントロ、ターンアラウンド、エンディングの例も豊富にあります。本の最後にある曲集(ピアノソロ楽譜)は、7曲ともかっこいいので、練習や学習のモチベーションが上がるのではないでしょうか。 イントロからエンディングまでのフル楽譜で、7曲それぞれが違ったスタイルの曲になっているので参考になります。ブギウギの曲も含まれています。また、スローとフルスピードで模範演奏がCDに入っているのでこれも参考になります。


一方、ブギウギピアノ本は、ブギウギに特化しています。 ブルースピアノ同様に、形式とコード進行、ベースライン、右手、リフ、ターンアラウンドやエンディングについてのパターンが豊富にあり、ブルースピアノ本に含まれていない内容もたくさんのっています。 この本の最後には6曲のピアノソロ楽譜があります。フル楽譜です。曲はブルースピアノにあるものとは違います。こちらは英語版しか出版されていません。


ちなみに、ブルースピアノとブギウギピアノ、著者が違います。


内容については、CやC7のようなコードがわかれば十分ついていけます。基本的とは言っても、「サルでもわかる」「なんちゃって」みたいな内容ではありません。「ブルースとは」「ブギウギとは」を体型的に教科書的に網羅しており、自分のオリジナルへ発展させていくための材料となるでしょう。


私はブルースピアノとブギウギピアノ両方手元に置いて参考書として重宝しています。


>>Hal Leonard ブルースピアノをみる
>>Hal Leonard ブギウギピアノをみる





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック